おすすめはココマイスター

本サイトは自分の仕事を通して知った、多くの日本の素晴らしい革財布ブランド、技術、職人魂を紹介しております。

現在はモノ作り大国日本は衰退の危機を迎えています。だから、少しでも多くの方に日本の素晴らしいブランドを知って頂き、
モノ作り日本の技術、職人魂をバックアップして行きたいと思いこのサイトを立ち上げました。

そして、今一番ご紹介したいのが、私も愛用している日本製革財布ブランドのココマイスターです。
こちらが、私も愛用しているメンズ革財布「ココマイスターのラージウォレット」です。

>>マットーネ・ラージウォレットの詳細はこちら<<

いかがでしょうか?革財布のメンズ物の中でも群を抜いたかっこ良さですよね?

このラージウォレットは、職人魂溢れる熟練職人さんのワザと、イタリア皮革のマットーネが合わさり、堅牢な作りとなっている生涯使えるだろう長財布です。

機能的な作りになっているので、とても使いやすいく便利です。

日本の熟練職人の魂・ワザ・思いが込められた芸術的な作品を是非味わって頂きたいと思います。

たぶん、本物を見たら何かしら感じるところがあるかと思います。本当におすすめです!

>>マットーネ・ラージウォレットの詳細はこちら<<

ココマイスター

【特徴について】

  • 彼氏のプレゼントに最適
  • 使い勝手がよく、飽きが来ないシンプルなデザイン
  • 最上級の皮革を使用(ブライドル,コードバン)
  • 1万円~3万円と低廉な価格設定
  • ブランドポリシーがかっこいい!

詳細を確認する

GLENCHECK

【特徴について】

  • 楽天ランキングでも人気
  • ネットショップを10年以上運営の老舗
  • 無料で名前入れをしてくれる
  • ブライドルとオリーチェレザーがオススメ
  • 社会貢献活動も素晴らしい!

詳細を確認する

キプリス(ノイジャパン)

【特徴について】

  • 多種多様な革財布を用意
  • 世界にたった一つの名入れギフト
  • 選べる無料ギフトラッピング
  • キプリス以外にも8ブランド
  • 品揃え豊富な皮革製品の総合商社

詳細を確認する

極上の革を紹介

革って色々な種類がありますよね。そんな革の種類をちょっとまとめてみました。

ヌメ革  タンニンなめしの革を無線職で仕上げたもので、薄茶色からベージュの色が特徴的。厚みがありなめらかな手触りは、革本来の風合いが活かされているとして人気があります。広義には染色してある素仕上げのものも含み、染色時には厚みをそろえて染色加工する。メンズの革財布に使われます。

スエード  革の裏側である床面をサンドペーパーで毛羽立たせ、短く起毛させた仕上げ。毛足が短く、細くて柔らかな手触りのものほど良質とされている。中でもするキースエードは高級ブランドとして珍獣される。ウエアや靴ハンドバッグに手袋など用途は広い。

ベロア  革の床面を毛羽立たせた革で、同じ起毛卯革であるスエードとの違いはその毛足が長く、ラフな仕上がりであること。使われる原皮も、成牛など繊維が洗い大型動物のものが多い。なお、スエードの場合は仔牛やヤギ、豚皮など革質が繊細なのが使われる。

ヌバック  脱毛後の革の表面(銀面)をサンドペーパーで軽くバフ掛けして起毛させた革のこと。裏面(床面)を起毛させるスエードやベロアによりも繊細で、その毛足はとてもきめ細かい。しっとりとした手触り間があり、婦人靴やハンドバッグに使われることが多い。

エナメル  銀面へボイルアマニ油やワニスを塗布し、乾燥を繰り返すことで、光沢のアル皮膜を出したもの。現在はウレタン樹脂が使われることもある。パテントレザーともいわえっる。素肌の魅力を打ち出す本染め河野とは対照的なエレガントな仕上げで、水にも比較的強い。レディースブランドによく使用されます。また、革財布のメンズものとしても使われることがあります。

ガラス張り  クロムなめしをした革をガラスやホーロー板に貼り付けて乾燥させ、銀面をサンドペーパーで削り、樹脂を吹き付けて表面を円滑にしたもの。銀面が均一なので歩留まりがよく丈夫で手入れが容易なことから、紳士靴や鞄、ベルトなどに用いられることが多い。

極上の革財布ブランドならこちらがオススメ!

Copyright(c) 2013 おすすめの革財布ブランド All Rights Reserved.